夏目漱石全集 2

キーフレーズ

主人 迷亭 寒月 明治 人間 先生 言う 漱石 金田 思っ しよう 自分 言っ 細君 沙弥 仕方がない 聞い 思う 鈴木 日本 見る 吾輩は猫である イギリス 今日 多々良 持っ 東風 ギリシア 考え 一人 知ら 小供 聞く 哲学者 行っ 今度 笑い 出し 馬鹿 江戸 一九 少し 実業家 分ら 雪江 文学 車屋 学校 言わ 東京 たまえ 言い ありません 書い 世の中 思い 出る 大きな しかし 奥さん 一つ 教師 入れ 出す 中国 三十八年 気の毒 真面目 書く そんな 大変 作品 落ち 運動

目次ページ

目次 吾輩は猫である 文学談 処女作追懐談 「吾輩は猫である』自序 同時代人の批評 上司小剣四 0 六 大町桂月四 0 セ 後藤宙外四 0 〈 「早稲田文学」ち〈 三究

解説 作品論「猫」の視点と笑い 注釈 吉田精一 なたしなた四一三 四三五 吉田精一

吾輩は猫てある