夏目漱石全集 5

キーフレーズ

自分 長蔵 坑夫 人間 漱石 理想 考え 思っ 思い 思う 意識 言っ 明治 態度 見る 意味 文学 仕方がない しよう 客観的 自然派 東京 聞い 場合 文芸 小説 思わ 自然主義 作物 一人 叙述 見え 関係 申し 出し 見える 日本 事実 立っ 説明 今日 文鳥 出る 必要 落ち 経験 一つ 飯場 結果 分ら 世界 できる カンテラ しかし 庄太郎 歴史的 主観的 毛布 時間 小説家 主義 小僧 早稲田南町 目的 書い 言う 付い 認め 世の中 明瞭 書く 夢十夜 牛込区 状態 行く 性格 向う 自己 考える 気の毒 そうして

目次ページ

坑夫 文鳥 夢十夜 作物の批評 文芸の哲学的基礎 創作家の態度 文壇の趨勢 「坑夫」の作意と自然派伝奇派の交渉 目次 一一七五 三五一一 一九 0

断岸 ( 明治四十年・四十一年ごろ ) 書簡 ( 明治四十一年 ) 同時代人の批評 「坑夫」評 漱石氏の「文芸の哲学的基礎」を駁す 解説 作品論「文鳥」「夢十夜」と「坑夫」 注釈 三九四 片上天弦三九四 高須賀浩峰三九五 吉田精一四 0 四 大庭みな子四一四 吉田精一当四 三七六