漱石とその時代 第一部

キーフレーズ

金之助 明治 正岡 昭和 夏目 漱石 東京 自分 御座候 日本 子規 虚子 松山 知れ 塩原 手紙 鏡子 和三郎 登世 兵衛 昌之 書い 馬場下 直克 健三 大学 学校 硝子戸の中 明らか 中根 当時 江戸 夏目漱石 有之 大助 一年 英文学 時代 古白 生れ 文学 夏目金之助 高等中学校 中根重一 感じ 思わ 居士 熊本 英語 記憶 存在 フランス 狩野亨吉 世界 出来 人間 牛込 慶喜 米山 見る 筑摩書房 新時代 思ひ出 二人 千枝 一八 下宿 思ひ 生徒 あいだ 知ら 居る なかっ しかし 国家 通り 二十三年 居候 英国 二階 四十 ところ

目次ページ

漱石とその時代第一部目次

1 慶応三年 生家の人々 3 江戸から東京へ 4 「必す無用の人と、なることなかれ」 母の感触 6 消えた西郷星 7 儒学と洋学の間 8 こほれ落ちた者 9 職業と「アッコンプリッシメント」 夏目家への復籍 子規との出逢い ある厭世観 登世という嫂 ノ 67 102 86 147 137 116

材西洋と日本 病める子規 新 Manly love of Comrades 霧の中の「生」 松山行 「ドメスチック・ 0- を口 ワ】 0 婚 3 幻星別れんとする晨 国家の官吏 『草枕』の旅 あとがき 参考文献目録 6 3 ハッピネス」 319 2