知っておきたい心とマナー 贈り物手帳

キーフレーズ

贈る 贈り物 祝い リポン 結び切り しよう 徳島新聞 お見舞い 蝶結び 紅白 プレゼント 誕生日 品物 贈り 身の回り品 のし紙 程度 合わせ 一般的 子供 花王 () 見舞い お祝い 相手 現金 結婚記念日 選び 意味 祝う 必要 気持ち 祝い事 表書き 親しい ホワイト 就職祝い 引き アクセサリー 体裁 贈っ 習慣 感謝 趣味 用品 記念 果子 手みやげ 方法 返礼 持参 友人 身内 お祝 お歳暮 自分 先方 関係 同様 記し 生活 両親 賀寿 日本 五本 年中行事 欧米では 生活環境 ーティー 名刺入れ 花王石鹸 お中元 内祝い キリスト教 目的 夫妻 あいさつ 合わせる イメージ 代弁者 父の日 成人式 発表会 価値観 届ける タオル 旅行券 商品券 消耗品 スポーツ用品 時期 お礼 構い 招か 家庭 届け

目次ページ

には、贈り物の体裁にも格式をもた 包みを見ただけで、中身が何かわか 印刷した紙で包みます。 るようにしたそうですが、現在ではせ、逆に手みやげ、自家製品のおす この「水引き」の色と結び方が、贈 そこまではしなくなりました。ただ、 そ分けなら、手近かにある紙に包むる目的によって異なります。この形 吉昏祝いや受賞祝い、あるいは賀寿だけ、というようにします。一般に もかってはいろいろありましたが、 守いなど、かなり重みのある祝い事は、「のし紙」という「水引き」を現在では本結びである結び切りと、 毛な夘な 御劜 , 椅町オム 田 , 林本 目上の人を中央にして順次左へ 私づ , 褥 目上の人を宛名の下にして順次右へ 4

略結びである蝶結びの二通りくらい 徴です。かって、日本の贈り物が神 です。この使い分けは、二度あって への供物であったことの名残りであ はならないことには結び切り、何度 り、贈り物にはず生ものを添える あっても、 しいときに蝶結びというの 意味なのです。従って、中身が生も が最近の常識です。 ののときと弔事には貼りません。 色は、祝い事には紅白か金銀、一 般的な贈り物には紅白、弔事には黒 ・贈る方法 白、銀、白などです。金銀を使うの は、格式をもたせたい祝い事で、し 送付してよいか、直接手渡すか、 かも中身の金額がかなり多いときに これもケースパイケースです。軽い 使います。 気持の返礼品などをわざわざ持参し もっとも、水引きを結ぶのは包装 ては面倒がられますが、大切な祝、 がとけないようにという意味ですか 事やお礼、頼み事なのに託送しては ら、贈り物の目的によってはリポン その心が通じません。親密感を表す 結びの方がふさわしいこともあるでを書きますが、姓名を記す方が丁寧のが目的なら直接会って手渡すなど しよう。どちらがよいか判断するのですから、目上の人、丁寧な贈り物その目的、内容、相手との関係、さ もセンスの見せどころです。 には姓名を記入しましよ、つ。 らに相手の考え方や環境によって、 次は表書きといって、「水引き」 リポンがけのときは贈る言葉と名先方が最も喜ぶ方法を選ぶべきです。 の上に書く文字です。本来は中味のを記したカードを挾みます。あるい なお、託送するときは、何のために、 品名を記したものですが、直接手渡 は名刺をつけてもよいでしよう。 何を、いつ、どこから送ったかを必 せないときには口上代わりに、贈る もう一つ、「のし」というものをす別便で知らせましよう。 意味を記します。「御祝」とか「御 貼る習饋があります。これは干した 礼」というのがそれです。下には名あわびをのしたもので、生ものの象 中袋の書き方 ( 裏 ) 中袋の書き方 ( 表 )

いますが、この日から小鳥たちが交 尾を始めるといって、欧米では恋人 同士が贈り物やラブレターを交換す 年中行事にちなむ贈り物 る習慣です。この日にかぎり、女か ら男にプロポーズしても、 しいといわ れたり、未婚の男女が同人数集まっ とお年寄りに贈る程度で、使用人がて、くし引きで相手を決める行事が いれば加えます。子供に与える額は 催されたり、親しい男女間のいきな 年賀・お年玉 子供の金銭感覚に合わせ、使える能交流、ゲームとなっているようです。 ート形で、カ 年始のあいさつに贈る品を「年賀」カの範囲にとどめたいもの。学齢前 この日の贈り物はハ しいます。お歳暮を贈ってあれば、の子にはおもちゃなどの品物にする ードにはキューピッドの絵が使われ タオルとかせつけんなど、名刺代わとよく、小 学生以上には、その子のるのが普通。日本でも、女性から男 6 りといわれる品で構いません。しか一カ月のお小遣いの額を限度と心得性へチョコレートを贈る習慣が一般 し、お歳暮を贈ってなかったり、新ましよう。親類同士、前もって打ち 年会などに招かれた折は、果物、 ~ 果合わせておくのも一方法です。 きれいなお年玉袋 ( 手製でもよい ) 子折り、酒、つまみものなどを持参し ます。 に入れ、贈り主名と共に宛名も書く と喜ばれます。 のし紙は紅白蝶結び、短冊でもか まいません。表書きは「お年賀」 下に姓名を記すか名刺を貼ります。 バレンタインデー お年玉は、かっては一家の主人が 家族や使用人、出入りの職人たちに ハレンチヌス聖人が殉教した二月 配ったものですが、現在では、子供十四日をカトリックでは祝日として 0 0 ◆「′