編み物スペック

キーフレーズ

編み 袖山 原型 寸法 中心 後身頃 カープ 製図 場合 位置 メリャス 模様 回り 方法 編目 身頃 編物 直角 生徒 前身頃 入れ 作り ゆるみ 袖下 引返し 明き 指導 ラグラン スタイル画 結び 説明 繰返し 減し 同し 要領 斜線 デザイン 標し 延長 増し 前後 好み 長編 スカート 使用量 水平線 アフガン 前立 編む ゲージ 見返し 教室 編ん しよう ョーク 教育 学校 描き ポケット 同様 採寸 注意 考え 袖丈 基本 必要 合わせ 引抜き 計算 アイロン 出し スタイノレ 長さ 着丈

目次ページ

7 すべり目 左側の針の目を編まないでそのまま右側の針に移 しとります。表編のときと裏編の時がありますか ら図の要領で針にとります。 8 レース模様のとき多く使われる技法です。表編の 力、け目 では 10 目位まで交叉することが出来ます。 2 目を編みます。この 2 目交叉と同し要領で手編 側におき次の 2 目を手前から編み、そのあと別針の ります。左上交叉の時は最初の別針の 2 目を向う 先に編み次に別針の 2 目をあむと右上の交叉にな 針にとって手前におき、次の 2 目を ( ロ ) のように 2 目交叉の時は B 図 ( イ ) のように最初の 2 目を別 2 の目を先に編み次にはすした 1 の目を編みます。 は 1 の目を別針にはすして向う側におき、手前から すと ( ノ、 ) のように右上交叉になります。左上交叉 のまま第 1 の目を表編し 2 目を左針から 1 度にはす ら第 2 目に右針を入れ ( ロ ) のように表編したらそ 叉の場合は A 図 ( イ ) のように左針の第 1 目の後か 交叉編はなわ編の場合に用いる編方です。 1 目交 9 交叉編 ん。 ま編むと穴があき、ねしってあむと穴があきませ 針に糸をかけ次の目を編みます。次の段でそのま 時はイ図のように、裏編のときはロ図の要領で右 すべり目 A 図 すべり目 B 図 すべり目 2 すべり目 0 209

1 0 引返し編 仮に 5 目すつの引返し編をする場合は、最後の 5 目を編ますに針を反対に持ちかえ、初めの 1 目を すべり目して編み返ります。次の段で更に 5 目を 編み残して、 ( 残した目が計 10 目になる ) 針を反 対に持ちかえ、初めの 1 目をすべり目して編返り ます ( A 図参照 ) 。 以上の要領で全部引返しを終りましたら、段消し として全目を 1 段編みますか、、穴か・明かないよう にするにはすべり目した目を編み、次の目を編む 時すべり目した目の下の裏目を一緒に針にかけて 編みます ( B 図参照 ) 。 1 1 配色糸の替え方 横縞のように端で糸を替えるときは、糸端を 5 ~ 6 cm 残して端から編み、あとで糸端を裏側の編目 に巻き入れておくと目立ちません ( A 図参照 ) 。途 中で替える場合は表側で糸を替えて編み進み、裏 側を見て編戻る時に配色糸を交叉して編むと、糸 の替り目に穴があかすにきれいに出来ます ( B 図 参照 ) 。 2 棒針編で手袋を実習してみましよう。 生徒用 43 頁に掲載した婦人用手袋を棒針編の 作品としてとり上け、ましたので指導してみます。 実際に編むときは、同し太さの糸と針を使っても、 編む人の手カロ減によって、いくらか違ってくるも 210 A 図 ロ A 図 B 図 すをしたトカ目 ( ) 被けし B 図 ー・彡復 ツ第影 イ ) ( ロ ) ナ也系配至糸 のです。また編柄によっても違いますから、機械 編のときと同様に必らす試し編をして、ゲージを 調べてから編始めてください。なお甲には手編ら しい模様を入れて、手編機で表現できない味わい を出してみましよう。

編物 教 1 教育の目的 ①教育の目標と方針 ②教育の分野と使命 2 編物教師について ①教職 ②望ましい編物教師 ③経営について 3 教育計画 ①教育計画の作成 ( 1 ) 作成にあたって ( 2 ) 編物スペックについて ②教科課程の編成 ( 1 ) 教科科目について ( 2 ) 各教科の目標 ( 3 ) 授業時数 ( 4 ) 単位取得 ③教科外の活動 ( 1 ) 意義 ( 2 ) 生徒会 ④行事 4 指導細目の作成 ①作成にあたって 学校法人木オ寸学園 仙台編物技芸専門学校理ー事長 木オ ( 1 ) 授業時数の割り当 ( 2 ) 各教科科目の内容 5 指導案の作成 ③細目の形式 ②単元について ( 3 ) 細目の取扱いについて ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ 単元について 単元設定の理由 単元の目標 時間配当 他教科との関連 資料および準備物 指導過程 6 編物科指導案 ( 例 ) 7 学習評価 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 評価の目的 評価の時期 評価の方法 評価の記録 指導要録 指導要録の様式