編み物ブック

キーフレーズ

編み 段数 模様 メリャス 後身頃 下り 前身頃 Ø 一覧表 リャス 位置 減らし ゲージ 身頃 引返し ネック 袖下 作り 割出し 方法 -1 毛糸 ーーー 直し ラグラン 記号 ラウンド 一一 繰返し 10cm 拾い 寸法 編目 前後 引上げ メリャスダブル 袖山 プルオーバー 重ね 細メ ダブル カープ ボタン 出し 編ん 出来上り 前立 左右 増し ゲージ・・・メリャス III 場合 目盛り 三一 レース 000 カーディガン 減らす -4 同し 中央 参照 止め ゴム ガーター 右上 接ぎ ページ

目次ページ

8 印 6 段 1 模様 2 段編み、 6 目おいて 2 目を 1 段、目直しし、 3 回同 様に編みます。次からは 6 目お いた中心の 2 目を、一段目直し し、同様に 3 回編み、以上 16 段 を繰返します。 8 目段 1 模様 2 段編み、 7 目おきに 一目を目直しします。次からは 2 段毎記号通りに 1 目すっすら せながら目直しをしますと菱形 の連続模様が編めます。 」をノ / こ姿辷辷辷乙乙 8 目 4 段 1 模様 2 段毎の模様で杉綾のよう になります。 5 の目へ左上 2 目一度 し、 3 日寄せ目し、 1 段編んで空針 にかかった糸をねじります。次は 4 し、 1 段編んでから同様にねじりま す。以上の 4 段を繰返します。 ll[lnnnll[l[l[l[l 一三・ = n = 三一 u コ三 ln は 三 0 三三ョ三一 加目 8 段 1 模様 編み始め 4 段で記号通り に右上 2 目 1 度左穴と、左上 2 目 1 度右穴をあけます。次 4 段編ん で、前の重ね目の上に穴があくよ うに目を立てて重ね目をします。 4 段ことに重ね目の位置をかえて 繰返します。 7 目 1 2 段 1 模様 2 段毎の模様です。 6 目お きに記号の位置で左上 2 目 1 度の重 ね目し、次は前段穴の両側に穴があ くように重ね目をします。次から右 側だけ 1 目すっすらせながら重ね目 をして 10 段迄編みますが段めでは 2 目おいて左側にも穴をあけます。 次から左側へ 1 目すっすらせて穴を あけることを繰返します。 = = = = ミ三 = [ID 三 ln TlIlIWlEUkI)[l[lUllIlIlI WlllIlkIlU[lll[l%IlII(lI = III 三 = IlIlIl(EIlä III き 0 = n - 三き

= 0 ミ三 = = n = 一一三 III 三・ n = = III 荷 = 一三 6 = = 三 9 三三 = III 一 3 一三一三い を荷 = ミ三一三三三 E - 1 0 印 2 段 1 模様 2 段毎に右上 2 目一度と 左上 2 目 1 度を 1 目すっ外側にす らせながら 3 回繰返します。 2 段 編み、次から中心の目を 3 段の引 上げ編にし、次段の両側で左上 2 目 1 度と右上 2 目一度します。 2 段編み、 1 目内側にすらせて穴を あけます。以上を繰返します。 6 目 4 段 1 模様 2 段毎の模様です。記号 の位置で左上 1 目交差し、 2 目お いて左上 2 目一度します。次は前 段同様の交差編をして、穴は前段 と反対側にあけるため右上 2 目 1 度をします。以上を繰返します。 春秋にお召しになる、男子、男児 用のチョッキ等に如何でしよう。 、当 303n3030 ・ n 瑩三一三ミ l[l ・ 当 303n3 = 30 ・ 3 = 3 = 303 9 目 1 2 段 1 模様 2 段毎の模様です。 2 目お いて右上 2 目 1 度をし、穴、 1 目お いて穴、左上 2 目 1 度、 4 目おいて 繰返します。重ね目の位置を 1 目ず つずらせて 2 回編み、次は 5 の目に 左右から重ね目し、 2 目すっ寄せ目 し、 2 目おいて繰返し、重ね目は同 じ位置で寄せ目を一目少くして 2 回 します。以上段を繰返します。 [l 画 三 U 三ミョ EUUI. I[IIF. = 一ー IIIIIEIIIIIIIIIIS 4 目 6 段ー模様 3 段ことの模様です。 3 目おきに右上 2 目 1 度で穴をあけ ます。穴の位置が前段の間になる ように繰返します。 18 印 8 段 1 模様 2 段毎に記号の位置で左 右から重ねる 3 目一度を 3 回しま す。次は中 3 目をそのままにして その両側で同様に 3 目 1 度 3 回、 又もとの位置で 3 回重ね目します。 位置をかえて繰返します。婦人用 セーターの前身頃に v 型に入れた り、茶羽織の裾に使うとよいでし 国 = 一三一三 lll = 三 lll = 三一 = 三一 = = 一“ INIIIIIIII)III 」一一一三三 III 一 m 一一 = 一一三 3u3 一 EIII 三一 = 三 0

図ら置を目めのすえる スりら、タ回置す 号か位度せ段 1 目かな 様一なかし一 3 位ま 記右の 1 寄 8 模レに 1 を力をはし 。左穴目目。度て置様 とう、度でれら返 すにの 3 1 す 1 し位模段一よで 1 まこか繰 様で目側らはま目をら続 タのん目、次て 模様、の外がめし 2 度か連目一様編 2 らし。え 模 8 はな段目上 1 次の ガ模段上かしす変 段のと次せ 4 せ左目。葉 松 2 左加直まを 毎 4 市。でで目し向 ら、寄に 3 すの一 目段、すすが目目らま木 ~ 3 ですま段に返方 2 てまっす 2 のかしと 編ま次一繰と ししすまは右目す 7 照目目しめ、左せ返 一 3 参ね 1 回段はに寄繰 を重を 2 6 で目って 0 一 0 ー一ー ー一一 0 一 0 - 0 - 0 一 9 ー一を一一 0 - 0 - 0 - 0 - 7 0 一 0 ー一ー 0 一 0 ー一ー ー一一 0 一 0 一 0 一 0 一ろ ー一一 0 一 0 - 0 一 0 一 1 5 4 2 1 0 10 ー 8 7 ら 5 4 ・ 3 ~ 1 [l 06u0u 0 新 0 LI ・ [IE•IIIIIITI 三三一三 [ll 己一三■ 000 0 LJ 0 0 0 然 0 り [ILI 一一■ 0 新然 0 ・ 0 [l O IETI - [III[I(UI[FÄIIIIIEII ・ 30n 三而 何 = 603u9u O 060n00 一 ll(lllllllllilßl 劇国劇一 O[II [lIl[lIi[lMlIE%[EIl EIII 一ミ石 。三一三 = き一 Eäl 」一盟一一き 公三一 = 三一 日印 4 段 1 模様 5 段編み、記号の位置で 2 目 1 度をしながら 1 0 段まで編みまし たら、 5 段目の中心の穴を引上け・ま す。次 1 段編み、引上げた目の両側 へ穴をあけ、次から毎段穴の位置を 1 目すっタ M 則へすらせて段迄編み 可 u ョ筒 n ◎一ま 0 ◎ 向 0 コ ll ◎ U ◎ LIOfl l[l = u OML ~ 00 = 0n06 0 ー 一三凹凹凹凹・三ミ - = 0 ミを三旧 U.'?II[I[ITILI?,IJLIIHKUJU[]LE = きき三一三一きミ三き一箭 一 0 u 癶 ()l 一 [email protected]湾n ⑨付 6 一目き三三 66666 444 ・ 444 イイ 4 ーミ一三三一 亠 = III ・一亠 = ココ u = 一 = ま 60006 0 0 ・ 0 0 -0 14 目 44 段 1 模様 2 段毎の操作です。 やさしい模様ですから記号 図を参照してお編み下さい。 1 6 目 22 段 1 模様 2 色を 1 段毎にかえて交 互に編みます。市松模様にするご き、引上げる色をかえるために記 号図のように 1 段普通に目直しし ますので注意して下さい 設段 合目目 最段 中目目