編物スペック

キーフレーズ

編み 寸法 身頃 メリャス 袖山 引き返し 場合 製図 計算 原型 デザイン カープ ゲージ 位置 編み目 見返し 模様 ポケット 中心線 方法 使用量 入れ 作り ボタン ダーツ 段数 前身頃 前立 中心 後身頃 見積もり まわり 太腿 ポイント ゆるみ 編ん 参照 5cm 引き 袖下 素材 好み 部分 水平線 ジャケット ヨーク 編む 衿立 同様 斜線 編物 スカート 直角 しかた ループ 拾い モチーフ 毛糸 結ぶ まとめ ラグラン ョーク 増し 股上 長さ 結び 引く 袖つけ 採寸 袖丈 繰り返し 要領 グラビア プリーツ プルオーバー 学習 >< 重さ

目次ページ

鎖編で作り目をし、その上に編みます。 ( 1 ) 針カ 目めに矢じるしのように針を入れる。 ( 2 ) 糸を引きプ 針の 2 目を、 1 度に引きぬく。 ( 3 ) 次から 1 目ずー 進む。細編の編み目の高さは鎖 1 目の高さ ( 立ち」 に当りますので、平編の場合は次段に編みあがると 1 目を編んでおきます。円編の場合は 1 段の編み で始めの目に引きぬきで区切りをつけてから、鎖 ] て次段へ移ります。また 1 段ごとに区切りをつけ ぐると続けて編む拶合もあります。 細 編中長編長 細編と長編の中間の編み方です。鎖編で作り目し さらに鎖 2 目を編む。 ( 1 ) 図のように針に糸をかい 矢しるしのように針を入れて糸を引きだす、 6 ( 2 ) にかかっている 3 目を 1 度に引きぬく。中長編の み目の高さは鎖 2 目の高さ ( 立ち上がり ) に当り すので、毎段、段の始めで鎖 2 目編んでおきます。 なお糸をすくいだしたときに針にかかっている 3 は、糸の長さを同じにしないと編み目が不揃いにる ります。 鎖編で作り目し、さらに鎖 3 目編みます。 ( 1 ) 図の = うに針に 1 回糸をかけて、針から 5 目めに矢じる一 のように針を入れる。 ( 2 ) 糸を引きだし針にかかー た 3 目のうち、針に糸をかけて 2 目を引きぬく。 ( : さら . に残りの 2 目を引きぬく。 ( 4 ) ~ ( 6 ) ( 1 ) ~ ( 3 ) の才 法を繰り返して編んだものです。長編の編み目の疆 さ ( 立ち上がり ). は、鎖 3 目の長さに当りますの 最初の長編を編む前に鎖 3 目を編みます。長編は 編、細編とともに鈎針編の基本の 1 つです。 鎖編で作り目し、さらに鎖 4 目編んで ( 1 ) 図の . うに針に糸を 2 回巻き、針から 6 目めに矢じるしし ように針を入れる。 ( 2 ) 糸を引きだし針にかかっ いる 4 目のうち、 2 目を矢しるしのように引きぬ・ ( 3 ) 針にかかった 3 目のうち ( イ ) まで 2 目を引きぬミ さらに針に残った 2 目も引きぬく。 ( 4 ) ( 1 ト ( 3 ) の技 ~ を繰り返したところ。長々編の編み目の高さ ( 立ツ 上がり ) は鎖 4 目の長さに当りますので、次段に るときには鎖 4 目を編みます。 鎖で作り目し、さらに鎖 5 目編む、 ( 1 ) 図のよ - に針に糸を 3 回巻いて、矢しるしのように 7 目めー 針を入れる。 ( 2 ) 針にかかった 5 目のうち ( イ ) の矢 [ るしのように針先の 2 目を引きぬき、次に ( ロ ) の矢ー るしのように引きぬいた目と次の 1 目を 1 度に引 = ぬき、同じ要領てや 9 の矢じるしのように 2 目を引、 ぬく 9 ( 3 ) 針に残った 2 目も引きぬきますと 1 目が糸 めます。 ( 4 ) ( 1 ) と同し方法で糸を巻き矢じるしのイ 置に針を入れて ( 2X3 ) を繰り返します。 3 巻き長編 ( 編み目の高さは鎖 5 目に当りますので、編み始めー は必す鎖 5 目をして立ら上がります。 編 3 巻長編 1 88

引きぬき編 技法は鎖編と同じ要領です。図のように下の編み 目を 1 目すくい、針に糸をかけて矢しるしのように 2 目を 1 度に引きぬきます。これを必要な目数だけ 繰り返します。編み目に高さがありませんから、目 立たないように進むときに便利です。また円編の場 合には各段の編み終わりに使われています。 0 鎖目を何目か編んで引きぬきでこれをまとめたも のです。鎖編は 3 ~ 6 目ぐらいまで使われます。 ( 1 ) 図のように鎖 3 目を編み、下の編み目の横目と足に 矢じるしのように針を入れる。 ( 2 ) 糸をかけて矢し るしのように針にかかっている目を 1 度に全部引き ぬく。 ( 3 ) 糸を引きぬいてピコットのできあがったと ころ。 ( 1 ) 、 ( 2 ) の要領をピコットの位置で繰り返しま す。引きぬきピコットと同じ要領で、細編でまとめ る方法もあります。 引きぬきピコット ( 2 ) ( 3 ) ピコットの位置まで編みましたら、鎖 3 目編んで、 そのまま次の目に針を入れて編み続け、鎖を浮かす 方法です。正しい表現でいえばループですが、でき あがったものは、ピコットの感しですので特にピコ ットのなかに加えました。 トクラスタ ( 2 ) 長編をアレンジした編み方です。 ( 1 ) 長編の要領 で針に糸をかけ、長編を編むように目を拾って 1 回 引きぬき、そのまま針に目を残し、また糸をかけて 長編の要領で下段の次の目を拾いだし、 1 回引きぬ き、これを所定の数だけ繰り返し ( この図解の場合 は 3 目 ) 糸をかけて針にかかった 4 目を引きぬく。 ( 2 ) 1 度に引きぬいたところ。針に糸をかけもう 1 度引きぬいてしめる。 ( 3 ) クラスターのできあがり。 ( 3 ) 前段の 1 目に、長編を 5 回編み入れ、針をはずし てループを休ませておきます。始めの長編の上部の 横目と足の間に、手前側から針をとおして休ませて あるループを針にかけて引きだし、鎖編を編んで 1 つにまとめまオ。また長編だけでなく、中長編や長 々編にす , るこをもあります。 ( 3 ) の 目 プ コ ( 2 ) っとん ン 1 89

鎖で作り目しさらに鎖 3 目で立ち上がり、 5 目め から編みます。 ( 1 ) 図を参照し、長編の要領で針に 糸をかけて鎖目から糸をすくいだす。 ( 2 ) 次から図 のように同じ目に「糸をかけて目をすくいだす」を 2 回繰り返し、針に糸をかけて針にかかった 7 目を 1 度に引きぬく。 ( 3 ) 図のように鎖 1 目編んでしめる。 下段作り目 1 目とばして前と同様 ( 1X2X3 ) を繰り返し ます。 3 ① ③ ② 長編 2 目を組みあわせた編み方です。 ( 1 ) 交差す る目の位置で 1 目とばして長編 1 目編み、糸をかけ て矢じるしのように 1 目とばした目にもどって針を 入れる。 ( 2 ) 糸を引きだすと前に編んだ長編を今引 きだした糸と最初にかけた糸ではさみこむようにな る。糸をかけて針にかかった 3 目のうち 2 目を引き ぬく。 ( 3 ) 1 目交差の編みあがり。 1 目交差 1 目交差をアレンジした編み方です。 ( 1 ) 交差の 位置で下段の編み目を 2 目とばし、長編をして、鎖 1 目を編む。 ( 2 ) 針に糸をかけ ( 1 ) のの目に針を入 れて糸を引きだし、 2 目ずっ 2 回で引きぬく。 ( 3 ) 1 目とび交差のできあがり。交差した長編の間に鎖 1 目がはいっています。 1 目とび交差 イ ロノ、 ( 3 ) ( 1 ) 針に 2 回糸を巻き、矢じるしのように針を入 れる。 ( 2 ) 糸を引きだし、糸をかけて針にかかって いる 4 目の 2 目だけを矢じるしのように引きぬく。 ( 3 ) 残りの目は針にかけたまま、下段を 2 目とばし 矢じるしのように針を入れる。 ( 4 ) 糸を引きだし、 長編の要領で 2 目を引きぬき、さらに矢しるしのよ うにもう 1 度 2 目を引きぬく。 ( 5 ) つづけて針先の 2 目を引きぬく。 ( 6 ) 残りの 2 目も引きぬいて鎖 2 目 編み、糸を 1 回巻いて矢しるしの位置に針を入れる。 ( 7 ) 糸を引きだしてから長編の要領でこの目を編む と、クロス編ができあがります。 クロス編 ( 2 ) ( 4 ) 1 90