週刊現代 2016年11月26日号

キーフレーズ

日本 アメリカ トランプ氏 トランプ ヒラリー 女性 海老蔵 自分 生まれ ☆☆☆ 機密費 手術 前出 時間 思っ トラン 東京 周防 可能性 言っ 電通 世界 バセドウ病 サポーター 大統領 問題 祗園 マルクス アメリ 日本人 外国人 タナカ 思い 必要 考え 言わ 場合 ヒラリ 強制捜査 関係 惇子 しよう ロシア 好き 今回 アメリカ人 クリントン エドワーズ 時代 佐藤 京都 永井 篠山 人間 甲状腺 写真集 サンタフェ 言う 捜査 世界経済 治療 できる 女性器 http:// トランプ大統領 ランプ 医師 感じ 当時 清張 中森 語る 宗教 宮沢りえ 講談社 芸能界 シンガポール 写真 持っ 受け 大谷 その後 多く

目次ページ

晒した慶大だが、今回はていないようです。「確かに酔っ払うとハメ 6 酒に酔った上での口論がとか、そういう悪い噂はを外してしまう学生も一 特に立っていなかったの部いますが、彼について 事件の発端だという。 「当日はキャンパスのあですが : : : ー ( 前出の知人 ) そういったことは今まで 一 ( る日吉で、同じサークル 小澤容疑者らが所属しなかった」 ( 同サークルに 所属していた学生 ) の仲間と飲んでいたようていた法律サ 1 クルは、 慶大は小澤容疑者の処 です。交際相手と一一次会創立数十年の歴史を持ち、 「小澤くんは法律を学ぶ疑者の知人である。 慶大といえば、「ミスに行くかどうかで口論に石破茂前地方創生担当大分について「今後事情聴 サークルに所属していて、 勉強会の学習企画担当を慶應。を主催する広告学なり、断られたことに突臣や八代英輝弁護士らを取を行ってから検討する」 任されていました。法曹研究会に所属する学生に如激高した小澤くんが突輩出してきた。法科大学とコメント。立て続けの 関係に進むことも考えてよる「レイプ事件ーが世き落とした。彼女は同じ院合格者も多く、いたっ不祥事だけに、「慶大ブ る ランド」の信頼はますま 見 いたとも聞きます。基本間を賑わせたばかり。新サークルの同学年。付きて「真面目」なサークル を す揺らいでいる。 的には真面目な性格だったな「不祥事」を世間に合ってまだそんなに経つであるというが 人 こだけに、進路や人間関 る じ係にストレスを抱えてい 一方、日銀は「金融政 フレ派の中核でアベノミと強調。丹呉泰健会 感 たのかもしれません」 を クスの指南役を自任する長 ( コ年旧大蔵省 ) や勝策の継続性ーを理由に、 こ、つるのは、交際相 風 社長年黒田体制を支えてきた中 前内閣官房参与の本田悦栄二郎 る手の女性を東急東横線日 朗駐スイス大使 ( 年旧同 ) ら、大物次官を曽宏副総裁 ( 年入行 ) 知吉駅の線路に突き落とし か、雨宮正佳・企画担当 ~ 一大蔵省 ) がポスト黒田へ押し込む余地を探る。 日 たとして、殺人未遂の容 1 さらに、与党筋による理事 ( 年入行 ) の昇格 一一の色気を隠さない。「ス 明 疑で逮捕された慶應義塾 イスから度々帰国して官と、国際派エコノミストを期待している。 大学法学部の小澤友喜容 「ポスト黒田に誰がなろ 邸詣でしているのもそのの伊藤隆敏・米コロンビ ア大学教授もポスト黒田うとも、日銀は『進むも 日銀の黒田東彦総裁ためー ( 官邸筋 ) という。 に関心を一小しているとい 地獄、退くも地獄』の八 = 一方、黒田氏の古巣の ( 年旧大蔵省入省 ) は、 0 う。同氏が最近、日銀の方塞がりに陥る」 ( 大手 絽年までの総裁任期中の財務省は、「年度以降、 「物価上昇率 2 % 」を断金融緩和の出口「略が最外債購入による円高対策証券アナリスト ) にもか 念。霞が関や永田町では大の課題になる長期金に言及しているのも、「安かわらず、次期総裁を望 早くも「ポスト黒田」へ利の急騰を避けるには、倍政権のウケを良くしょむ人材がこれほど豊富な の思惑が蠢いている。 財政・国債管理政策とのうとする狙いがある」 ( 自のは、エリ 1 ト故の「名 密接な連携が不可欠だ」民党政調幹部 ) とされる。誉欲 - のなせる業か。 安倍総理周辺では、リ 今度は「殺人未遂」 慶大生の不祥事続発中

連載 今週のネタ本 今週の みそぎ 広く見られる。だが、栃で海水に浸かり、禊をし よ木県の日光などの一部地たのである。 栃木県・日光てし ただ、お清めは塩に限 域では、お清めの塩と一 緒になんと「鰹節をからない。神棚に水、酒、 けるという。また、石川塩、米、野菜、鯛など様々 葬式後の 県では「米ぬか」を使用なものを供えるように、 している。 神道では、塩だけではな そもそも「お清め」とく酒食にお清めの力があ 三青めに いう考え方は仏教にはなるとされる。鰹節や米ぬ く、死をれとする神道かにも、穢れを除去する 「鰹 ( 即」をかける が元。『古事記』にある効果があるのだ。 同様に、関東では精進 夫婦の神様、イザナギと イザナミについての記述落としのことを「お清め」 と呼び、大勢の人間が集 海道や東北地方などでよが由来となっている。 「故人のお顔を拝ませてよって異なっている。 妻・イザナミの死を悲まって、酒を飲み、食事 , もらお、つと思ったら、も 明治時代後期、土葬かく見られる。 よみ 北国の場合、雪深いのしんだイザナギは、黄泉をすることも穢れを落と うお骨になっていてビッ ら徐々に移行した当初 . し—-> ノイ 、こ一丁す習俗のひとつ。杯を片 は、お葬式の後に火葬をで、冬に人が亡くなっての国まで彼女こ会 クリしました」 地上に戻ったイザナ手に昔の思い出話に花を 葬儀は日本各地でしきする「後火葬」が圧倒的もお葬式に参列できない たりや風習が異なり、地に多かった。しかし最近人が多い。そこで、まずギは黄泉の国の穢れを落咲かせれば、故人もきっ あわきがはら 域色が濃い。どこでも同では、全体の約 4 割がおは火葬をしてしまい、春とすため筑紫の阿波岐原と浮かばれるだろう。 ( 安 ) じと思っていた火葬のタ葬式の前に火葬を済ませが来てから改めてお骨で の ) 家る 、北お葬式を行う。一方、暑 イミングも、実は地域にる「前火葬」になり 知こ寝玉 島す徳知ぐ 巻、 一高て ? 徳 い地方でも遺体が傷みや レ ( のよるかこ てな式るく則 すいため、前火葬になっ すよどを川岡広で 却櫞んを 学ナ円 たところがあるよ、つだ。 葬添の 0 聞席う堵香 ( 寄 0 を勛像 少おご体川と同なが でた、参名え持ての者翌 お葬式に参列した後の の著 / ? 立しで有らを 、敷っし旅舞んが しきたりにも驚かされる。 るどんも 隨を立と」 葬市社 式の帰りに家に入ると ねう者を白時例 域カに落も振 0 どがは分 お知桑 と扶 き、玄関先でお清めの塩め也棺ももと夜 0 岐ゞ列ンに棺本 外 意 をかける風習は、全国で そうす 第十五回 7 7

それカ A 」、つしこ 連載第三百三十一回 降 い院 日初降へそ る り 出の ん 手 1 こロロ 衄で てか日 であ来けの や たよ午 な 、る 国選ト い珍 。う後 の し 表仙 力、 民んラ し、 と 出 と の 表カ る家 。のだン 現起 と す る る る の で も しナ よ ら て っ は フ ばさ何 く し、 手 ジ降 の 同 カ そ 、りくが似離 でたオ り 大 じ る の マ覆似て脱ー の も と の出統 日 さ、 ま を降報ニ し領 で と ス えて い あがで見る る ュた選午 コ い 。る 、来 のた 雪 て の 。イ ス を開中 て の の 予 と が車票か か キ、 で ア い 、の速 リ た メ は ら の ト助報 リ な ふ の ス 信 カ く ラ手を仕 マ た でか 頼測 っ も 、国 ン席見事 ス 性 のあ と 民 手 カゞ プで て の コ が覆ミ っ 県のが が し、 あ の 挙 っ不本 大て オこ さ た し、 。た満当 彳充し、 る れ予 は よ た測 と 、に 領オ E っ と 不降 カゞ U て に ら ア 0 こ 圭あ も っ 選 か メ む き る た 人 聞 の ろ 今大グ 挙 イ く な を 日 ア つ 回 勢 げた と と ギ 無本か レ 越 メ 句る 、の リ 能 を ん リ る つ 希 ト 、報当 と 含た ト イ ス カ が る 道 ギブ結 ク ) 切 0 フ の め の 果機イ リ す っ た あ の大そ ン リ E 充う プ ァ を 関ギる 過 U し ス ン見 も 全得半領て の イ 離か リ 勝が ギ脱な世な数選は て 予 ス 利い大 、測の い い を リ でな の にた英人 ス 時 し マ の も ス国 も マ と ん 帝 々 て マ 、だ 国 コ民 だ ス ス ば し、 同な た のま コ コ 。も方ず じ の つ 、カゞ は億 が E 世 多 U っ 予 つ な を た ま 測千 い に 0 中だ 歹曵 で万 つ 伊集院静 0 Gentlemen 第 Rule bv uin Shizuka 画福山小夜 78