<むなしさ>の心理学 : なぜ満たされないのか

キーフレーズ

自分 心理学 私たち フランクル 意味 人生 むなしさ 生きる 人間 若者たち 時代 生き 体験 考え 中て 求め アダルトチルドレン 日本 生まれ ーソナル ガンバリズム 自己 現代人 友だち 宇宙 必要 意識 毎日 学生 レヴェル 社会 ビリーフ 子ども 答え 状態 幸福 自己実現 満たさ 子どもたち 感じ 若者 言う 与え そして 仕事 問題 ーーー 越える 可能性 空虚 世代 気持ち 高校生 四パーセント 援助交際 問い ウイル 講談社現代新書 プロセス 考える 生き方 悩み 感覚 実現 昭和 存在 働き 目覚める 自分自身 豊か 多く メッセージ 求める ストレス 実感 一つ そんな 苦しみ 疲れ 持っ 人類 言っ 自ら 一人 しかし カウンセリング 言葉 プーム オウム 世の中 ほんとう 大切 最近 理由

目次ページ

「理由なきいじめ」とむなしさ 学生たちに「いじめ体験」をたずねると、五〇パーセント以上の学生が「いじめられた」 ことがあると答える。また同様に五〇パーセント以上の学生が「いじめた」ことがあると 一一一口う。彼らが中学生だった一〇年以上前から、すてにいじめは教室の日常的風景となって いたのてある。 ここて注目したいのが、「いじめの動機」てある。 最も多いのが「とにかく気にいらなかった」という「ストレス発散型」て四一 次が、「仲間外れにされたくなかったから」という「集団圧力型」て二四パーセント。 いじめ 三番目が「相手の反応が面白いから」という「央楽嗜好型」て一九。ハーセント。 られている子の態度や表情を見るのが面白くて、いじめがエスカレートしていくタイプて ある。 これらのうち、特別な理由がなくいじめに走る「ストレス発散型」「央楽嗜好型」を合わ せると、実にいじめの六割が「理由なきいじめ」てあることがわかる。 ここから浮かんてくるのは、次のような「いじめの風景」てある。塾だ試験だと多にな 毎日をすごす中てストレスをため込んだ子どもたちが「理由なきいじめ」に走る。チビ、

ーセント ) 、殴る・蹴る・足を引 デブなどと身体的欠陥を口にする「言葉による暴力」 ( 四六。 つかけるなどの「身体的暴力」 ( 二〇パーセント ) をおこなうのぞある。 「意味」が実感できないからストレスがたまる ては、子どもたちは一体なぜ、これほどまてにストレスフルなのか。 塾や試験て忙しいから。競争社会のプレッシャーから。親の期待の大きさから が、一般的な答えてあろう。 実際最近、中学受験を間近に控えた「学力優秀児」が荒れて、クラスをかきまわすケー スが増え始めているという。また、都心の小学校六年生を対象としたある調査によると、 受験生の九四パーセントが平均週四・三回塾に通い、三分の一以上が午前 0 時以降も起き ている。四割以上が友だちと遊ばず、三割の子はマンガも読ますに頑張っている。 これてはストレスから心身に異常をきたすのも当然て、このような例を見ると、昨今話 学生の受験ストレスをさらに強める結果になるのては、と心配に 題の中高一貫制など、小 なる。 しかし私は、ただ勉強の多にさという観点からだけては、子どもたちの圧倒的なストレ ス状况を説明てきないように田 5 う。むしろ私は、子どもたちがストレスフルなのは、それ これ むなしさの現状

ほどまてして頑張らなくてはならない「意味」が実感てきないからだと思う。 人間は、頑張ることの「意味」が実感てきれば耐えていける。輝かしい未来が待ってい るとか、頑張らなくては食べていけないとか、そんな時には頑張る意欲もわいてくる。 しかし今の時代にはそれがない。 この豊かな時代の中ては、それほど無理して頑張らな くても食べてはいナ。 。る車だって海外旅行だって、少し頑張ればすぐ手に入ってしまう。 おび 逆に無理して頑張ったって、リストラに法える父親の顔を見れば、輝かしい人生が待っ ているとは思えない。つまり「頑張ったって頑張らなくたって、人生たいして変わらない」 と思えてしまう。それが、今の時代の気分なのてある。 そんな平成日本て育った子どもたち。彼らは、頑張ることの「意味」が実感てきなくな っている。なぜ頑張らなくてはならないのか。その「理由」が実感てきない。 こだ「落ちこばれないため」の勉強。「レールから外れないため」の多にな毎日 することの「意味」を実感てきないまま一方的に頑張ることを強いられるから、子ど ちの身体に多大なストレスが蓄積されているのてはないだろうか。 み : フ