<自己発見>の心理学

キーフレーズ

ビリーフ 自分 人生 人間 心理学 フラストレーション 生活 人生哲学 事実 子ども 考え 認め 社会生活 考える 配偶者 家庭 場合 能力 アメリカ 感情 人間関係 行動 文章 考え方 思う 哲学 持っ ーーー 記述 幸福 技術 夫婦 日本 論理療法 拒否 役割 世界 価値観 教育 意味 自己 思考 必要 権威主義 相手 時代 状況 同居 同じ イラショナル 現実原則 転職 結婚 理論 命令 理由 教師 生き 学習 息子 関係 生きる 職業 大学 体験 禁止 責任 心理的 長男 学力 上司 つまり 方法 世の中 カウンセリング 仕事 学生 期待 概念 する 自己主張 悩み 暗記 不幸 知能 原理 職場 具合 私たち ある てきない

目次ページ

6- んか、さ 9 第一章人生哲学・ ーー哲学の必要性 1 2 ーー哲学の任務 1 3 ーー論理療法の人生哲学 1 原理—ーーー出来事そのものよりも受けとめ方が大切 : 原理Ⅱ ビリーフが悩みの源泉 : : : 原理Ⅲーー事実と論理性のあるビリーフ : 原理Ⅳーー人生を幸福にするビリーフ : : : 原理 「ねばならぬ」思考からの解放 : 原理Ⅵ。ーーー状況変容の努力も必要 目次

第一一章社会生活におけるビリーフ 人を拒否すべきではない ・ : 拒否は生き方の宣言 拒否のない人生はない : 「ノー」と言ってよいとき、わるいとき : : : 拒否能力の育成 2 ーーーフラストレーションはよくないものである 人生即フラストレーション : : : フラストレーション歓迎論 : フラストレーション・トレランス : : : 苦労はないにこしたことはない い線を行かねばならぬ shou 一 d より want で : ・・ : 金メダルは必要か : ・・ : プロセス主義 : 「ねばならぬ」思考からの脱却 4 ーー人は私の欲するとおり行動すべきである なおそうとするな、わかろうとせよ : 人生は自分のためのものではない この人との共存は自分にとってどんな意味があるか : : : 自己開示の勇気 3

第三章学習生活におけるビリーフ ハウッーよりは理論や原理や理念を学ぶべきである スキルも学問のうちである : : : 学問のよしあし 理論なしには技術もない : : : 技術尊重論への警告 2 ーー自主性・自発性を尊重すべきである なぜ禁示・命令か 社会化 : ・ : なぜ禁示・命令かーーータテ関係 : 禁止・命令してよいとき、わるいとき 3 ーーー暗記式の勉強はすべきではない 暗記なければ思考なし : : : 暗記なければ感情なし : : : 暗記なければ行動なし 4 ーーー頭のわるい人間は人生で高望みすべきではない 頭のよしあしふたっ : : 一般化のしすぎ : : : 頭のよしあしの変化 : ・ 「それゆえに」の検討