「空海と密教美術」展

キーフレーズ

空海 東寺 京都 平安時代 Heian 金剛 the 曼荼羅 和歌山 and Height 密教 金剛峯寺 神護寺 醍醐寺 両界曼荼羅 日本 with century height Kukai 弘法大師 奈良時代 中国 紙本 仁和寺 Wakayama 請来 菩薩 考え period 世紀 高雄 インド 平安 Figure 恵果 弘仁 金剛界 paper Diameter 金剛頂経 九世紀 Kongobuji 四天王 高野山 大日経 表現 dated 虚空蔵菩薩 仁王経 五大明王 Kyot Tang Wood 最澄 五大 金剛界曼荼羅 彩色 高雄山 講堂 られる 十二天 Five 制作 降三世明王 時代 真言 灌頂 真言密教 胎蔵界 不空 Daigoji his 目録 図像 墨書 西大寺 大日如来 十二世紀 木造 中心 長安 性霊集 胎蔵界曼荼羅 Seated 東京国立博物館 仏教 経典 高梨 三鈷 Esoteric 安置 pronged

目次ページ

第一章空海ー日本密教の祖 第二章入唐求法ー密教受法と唐文化の吸収 コラム空海と長安の町沖松健次郎 第三章密教胎動ー神護寺・高野山・東寺 コラム神護寺空海と神丸山士郎 コラム空海と高野山ー山に抱かれた弘法大師伊藤信一一 コラム東寺賜与ー桓武・嵯峨朝における「鎮護国家」の再生高梨真行 第四章法灯ー受け継がれる空海の息吹 空海と日本の書島谷弘幸 空海の生涯と東寺講堂の立体曼荼羅丸山士郎 空海と高雄曼荼羅沖松健次郎 作品解説 参考文献 空海年譜 用語解説 出品目録 List of Exhibits 目次 図版 Ⅳ 282 276 274 272 242 233 224 216 163 122 Ⅱ 6 106 85 60 35

凡例 ・本書は平成二十三年七月二十日から九月一一十五日まで東京国立博物館において開催す る「空海と密教美術」展の図録である。 ・作品番号は展覧会場での展示番号と一致するが、展示の順序とは必ずしも一致しない。 そのほか、展示替などの都合により、本書に掲載している作品でも展示されていない場 合がある。 ・作品解説は原則として作品番号、指定 ( ◎は国宝、◎は重要文化財 ) 、名称、員数、作者・筆 者等、材質技法、法量 ( 単位はセンチメートル ) 、時代、年代世紀、所蔵先の順とした ・章解説は沖松健次郎 ( 東京国立博物館 ) が執筆した。 ・作品解説は左記の東京国立博物館研究員が分担執筆し、執筆者を文末に示した。 浅見龍介、伊藤信一一、沖松健次郎、高梨真行、丸山士郎 ・空海年譜、用語解説、参考文献は東京国立博物館が構成した。 ・英文翻訳は、まい子・べアが行った。 ・掲載写真は所蔵者の原板を使用した他、左記の提供を受けた。 東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、便利堂 ・編集は東京国立博物館、読売新聞社、、プロモーションが担当した。

空海 日本密教の祖 んう の讃岐国多度郡に冫 末期の亀五年七四一、 る鷲名を魚 ッ気みうきようどう、 しう変瑾の ) ・ナな不安綻《世情 0 な空海」践的イ動を重んげ 0 在野 0. 仏教者にわりなみ畭良・ぎ野 , 大搴・ けられ ( 明星が飛び込んくるのを体感るなどの囀秘的体験を積んでいく。そして暦生ハ年 ( 七九七 ) 、 十四歳 0 時に儒教・道教・広教 0 最も仏教が優ことを主張する『聾瞽指帰」を墸「 ~ ~ れこそまさに後に日 本密教祖となる空毎の」家宣 = 号まやた。 " →」 0 章は、幅広」中町 0 古典や仏」関す学識」基づぎ ( 自 00 思想遍歴と出家 ( 0 決意を流麗な漢文と 力強「書て表わした若き空海の人物を象徴する自筆の「聾瞽指帰 5 ) を中心として、ぞの執筆前後の学習内容 を彷彿させる奈良時代に書写された密教経典 ( 659 ) 、一海っ姿を伝える「弘法大師像」 ( 1 ( 2 、 3 ) 、 生厓績を描いた「弘法大師行状絵詞」 ( 4 ) 、空海が書いた漢詩文を集めた「性霊集」 ( 2 ) などにより、空海 の人となりを紹介する。 章