向上心

キーフレーズ

自分 人間 人生 仕事 人格 言葉 人たち 行動 勇気 偉大 他人 言っ スコット 精神 人物 ジョンソン ワシントン 性格 フランス 気持ち イギリス 自分自身 できる 習慣 才能 生き方 相手 プルターク 与え 生き 日常生活 生活 必要 経験 時間 思いやり 考え 能力 与える 社会 ナポレオン 多く 幸福 努力 教え 手本 世界 人格形成 礼儀作法 場合 忍耐力 友人 知的生きかた文庫 サミュエル・ジョンソン 態度 一生 エピクテトス モーツアルト 義務 英雄 幸せ 成功 苦しみ 人びと 自制心 考え方 同じ 希望 生きる ルター 肖像画 いちばん 活力 影響 そして 自由 作品 誠実 反対 喜び 道徳 行為 伝記 自己犠牲 ハイドン 働く 訓練 礼儀 すべて つばな すぐれ 時代 実務 意志 書物

目次ページ

の向上にも役立ち、自分の大切な目標からは目を離さす、しかも上手に自分の道を切 り・開いてい / 、ことができるよ、つにはもなるでしよ、つ」 人格はあらゆる場面でその効力を発揮する。仕事場に人格者がいれば仲間は勇気づ けられ、向上心も高まるだろう。逆に人格が劣り労働意欲のない人間は、知らす知ら すのうちに仲間の質をも低下させてしまうだろう。 善良な人とコミュニケーションをもてば、必す善を生む。善良さは広い範囲に影響 を及ばす。 「バラが植えられるまで私はただの泥土でした」 芳香を放っ土がこんなことを語 る一節が、東洋の伝説の中にある。ウリのつるにナスビはならす、善は善しか生まな 「善良さがどれほど多くの善を生むか、それは驚くほどである。善良なものは単独で あいることがないし、悪もまた然りである。それはまた別の善なり悪なりを生み、新し っ く生まれたものはまたその次へととめどがない。池に投げた石がだんだんと水面に波 人 紋を広げ、ついには最初の輪が岸に届くのに似ている。この世に存在するほとんどす べての善は、このようにして過ぎ去った遠い過去から次々に受け継がれてきたもので

2 ー 0 あり、知られざる神の御心から伝えられたものである、と私は考えている」 これはキヤノン・モーズリーの言葉である。 批評家ラスキンはこう言っている 「邪悪な親から生まれた者は邪悪を生み、勇敢で名誉を重んじる親から生まれた者は 勇気と名誉を教える」 5 きびしい生き方にこそ強い説得力がある つまるところ、われわれはよい手本、悪い手本を互いに見せ合いながら毎日を送っ ているのだ。りつばな人の生き方は、美徳を教えたり悪をきびしく否定したりするに ート牧師は、教区での任務につくに はもっとも強い説得力がある。ジョージ・ あたって次のように述べている。 「何よりもます私自身、清く正しく生きる覚悟である。品行方正な毎日を送る牧師の 姿には、何よりも強い説得力があるからだ。その姿を見て、人びとは自然に敬虔な気

持ちを抱くようになり、できることなら自分も同じような生き方をしたいと考えるよ 、つになるものだ」 さらに彼はこ、つつけ加、んている 「今は、言葉だけの説教よりも目に見えるよい手本が必要な時代である。私は必ずこ れを実行するつもりでいる」 善は偉大な力で人を引きつけ、支配する。善に目覚めた人こそ人の上に立つものと してふさわしい。すべての人はその後に従おうとする。 一緒にいるだけで、新鮮な空気を吸い込んでいるような気分にさせてくれる人がい るものだ。太陽の光をいつばいに浴び、さわやかな山の空気を吸い込むように、彼ら の存在はわれわれに再び力を与え、励ましてくれる。 たとえば、トーマス・モアの穏やかな性格は、善を呼び悪を抑える強い力をもって あ いた。プルック卿は、病に倒れた友人、詩人であるフィリップ・シドニー つ「彼の頭にひらめく機智と英知は、言葉や意見という形をとらず、その生き方や行動 人 に姿を変えて自分自身だけでなく、他人をもりつばな人間に育てた」と述べている。