家族関係を考える

キーフレーズ

子ども 家族 自分 父親 存在 母親 関係 日本 子どもたち 息子 考え 人間 人間関係 老人 感じ 母性 思わ 日本人 夫婦 考える 述べ 両親 原理 問題 結婚 女性 男性 家庭 言っ 他人 場合 自立 多く 必要 結合 生じ 言う わが国 社会 現在 意味 父性 思っ 夫婦関係 心理学 親子 一体感 多い 二人 家庭内暴力 しかし 自分たち パターン フロイト スサノオ 相補性 生き方 異性 個性 否定 大切 努力 無意識 できる 離婚 個人 在り方 言わ 家庭内 極めて 意志 思う カインとアベル 生活 最近 相談 生き 体験 相手 表現 対決 気持 仕事 結局 状態 一家団欒 アメリカ する

目次ページ

ているとき、お互いの対立部分は見事に相補性を発揮している。しかし、その目標が達成され たときに、危機が訪れる。共通目標を失った対立部分が、次には敵対的にはたらきはじめるか らである。いわゆる中年の危機であるが、このような点に関しては、 9 章に詳述する。 一番最初にあげた例にしても、実のところ、娘夫婦の離婚間題として相談に来ている母親の 夫婦関係も、本当はその時期に間題にされるべきことを、私は感じとっていた。 簡単に言って しまえば、この夫婦はいわゆる安定型の夫婦として、互いの間に発展性を掘り起こす努力はせ ず、むしろ娘の成長に期待していたのだった。従って、娘の良縁は嬉しいことでもあるが、淋 しいことでもあった。実家に逃げ帰ってきた娘を抱えて、離婚してしまえという父親は、そこ に娘を取り返した喜びをも感じていたのである。しかし、実のところ、この父親のなすべきこ とは、娘に対して抱くだけの感情の流れを妻の方に向け、そこに新しい夫婦関係の発展をはか ることにあった。娘の結婚の破綻は、両親の夫婦関係の在り方に対する批判でもある。夫婦関 係の間題は、子どもの間題として顕現されることが、実に多いのである。このようなとき、娘 の夫の家族を非難してばかりいるよりも、自分たちの夫婦の在り方を検討してみる方が、間題 解決は・早いものである。 の 男と女の相補性の次元は極めて深く、おそらくそれを知りつくすことは不可能であろう。そ却 れ故にこそ、われわれは唯一の異性を相手として一生をすごすことができるのである。最初に

「のばせ」否定的に述べたが、後にも述べたように、それを発展の可能性〈の無意識的予感 ととれば、定的にも考えられる。要はそのような予感を実現へと結びつける努力の有無であ る。夫婦によってそれを実現し、また新たなる「のばせ」を感じて、その実現化に努力する、 再生の現象。つきものであるが、そのような夫婦にとっては、離婚と再婚が内面的に生じるこ とになるでろう。そのような苦しい過程を経てこそ、夫婦関係の維持と、個性の実現とが両 立するのでるし、夫婦関係というひとつの枠が、個性を生み出してゆく容器として役立っこ とにもなるである。 一人の人間の心の中にも生じるものであ 人間の心相補性は、人間の関係のみではなく、 る。実のと一ろ、一人の男性の心の奥には女性的なものが存在し、女性の心の奥には男性的な ものが存在ている。今まで夫婦間の相補性として記述してきたことは、それを通じて各人の 心の中でや抜くべき統合過程であるということができる。従って、そのような内面的統合過 程を目標とるときは、結婚を外的には経験しなくても、それを内面的にやり遂げるような稀 な場合が存することも指摘しておかねばならない。真の個性実現が問題となる場合、二人の 関係の間に限りない孤独感が存在しているし、孤独に生きている人も、内面的な二人の世界 をもっていものなのである。

マンフレデイ「愛の罰」 ( 一六一 0 )