異常の構造

キーフレーズ

私たち 分裂病 異常 合理性 自分 世界 患者 常識的 常識 意味 自己 考え アンネ 人間 存在 非合理 日常 母親 場合 正常 言葉 異常者 感覚 合理的 同一性 自分自身 家族 自身 関係 心理学 子供 精神分裂病 日常生活 現実性 概念 精神 共通 社会 理解 私自身 感じ 精神病者 一つ 立場 自然 事態 幾何学 構造 精神医学 行動 体験 症例 公式 自体 排除 父親 しよう 他人 相互理解 共感能力 合理 できる 症状 論理 相互 同じ ふつう 妄想 問題 単一性 ーーー 意志 治療 欲求 示し 思考 基本 しかし 考える 不安 支配 万年筆 すべて 同一 生活 多数 生存 表現 みずから 日常的 家庭 逸脱 原理 成立 現実

目次ページ

・目次 1 ー現代と異常・ 異常への関心 / 異常への不安 / 自然の合 理性という虚構 / 合理性の虚構と不安 2 ー異常の意味・ 量的な異常 / 質的な異常 / 精神の異常 / 狂気という異常 / 常識の欠落 3 ー常識の意味・ 常識の語養 / 共通感覚 / 共通感覚から常 識へ / 常識の規範化 4 ー常識の病理としての精神分裂病・ 精神分裂病とは / 症例 9.

5 ープランケンプルグの症例アンネ・ 母親からの話 / アンネ自身の追想 / 入院 時の所見 / 面接記録とその後の経過 6 ー妄想における常識の解体・ 他覚的症状としての常識欠落 / 症例 / 世 界の二重構造 7 ー常識的日常世界の「世界公式」・ 常識の構造 / 個物の個別性 / 個物の同一 性 / 世界の単一性 / 日常世界の世界公式 / 1 “ 1 でない世界 8 ー精神分裂病者の論理構造・ 常識と合理性 / 症例 / 1 0 108 124

9 ー合理性の根拠・ 近代精神医学の欺瞞 / 非合理排除の論理 / 現実性と生への意志 / 異常者排除の社 会的「正当性」 ー異常の根源 社会的存在概念としての「全」と「一」 / 家庭環境の問題 / 分散型家族と密着型家 族 / 個別化の不成立 / 分裂病治療の意味 あとがき 142 160 181