適応の条件

キーフレーズ

日本 日本人 人々 システム 人間関係 場合 インド 外国人 社会 関係 相手 インド人 文化 異なる 私たち 現地 日本社会 カテゴリー 東南アジア 社会学 自分たち イギリス アメリカ 仕事 自分 日本文化 日本的 カルチュア 経験 家族 社会生活 社会的 認識 意味 海外 一つ 国際化 集団 現場 イギリス人 欧米 問題 できる 義理人情 アメリカ人 生活 個人 契約書 外国 方法 お互い 外国語 日常生活 オーガニゼーション 必要 重要 心理学 機能 知ら 考え 西欧 多く 義理 異文化 日本式 連続 成員 イタリア ーーー 人たち 日本語 条件 理解 部屋 中国 ショック 共通 カルチュア・ショッグ 同じ 相当 好奇心 可能性 思考 中根千枝 対応 感じ 中央 アプローチ 出版社 滞在 信頼関係 こうした 存在 前提 設定

目次ページ

目次 第一部ーカルチュア・ショック , 、・・・・・・ー・・・・ 9 ーーー異文化への対応 1 ー異なる文化の拒絶反応 2 ー日本文化 ( システム ) への逃避 3 ー表現と実行のあいだ 4 ー特定ケースと一般化の問題 5 ー日本的システムの強制 6 ー日本的信頼関係の敗北明 7 ー契約に信頼をおく欧米との違い 8 ー現地社会への逃避 -0

9 ー国内用の異国 ー外国語の修得と文化の関係 1 ー個人差による適応度 第二部ー日本の国際化をはばむもの ーー社会学的諸要因 ー厚い〃ウチ〃の壁 % 2 ー日本人の社会学的認識Ⅱ 3 ー連続の思考・ウチからソトへ 4 ー二者間関係における連続 5 ー義理人情の分析Ⅷ 6 ーもてる者ともたざる者の関係 適応の条件ーーー結びにかえて 123 167 0 9