魅惑の仏像 11 五大明王

キーフレーズ

不動明王 東寺 五大明王 木造 鎌倉 平安 教王護国寺 立像 大威徳明王 降三世明王 坐像 弘法大師 講堂 空海 私たち 京都 軍荼利明王 日本 仏像 信仰 毎日新聞社 密教 五重塔 金堂 インド 平安京 金剛夜叉明王 童子 五大 五智如来 十一面観音 安置 神籬 松上げ 御影堂 しよう 南北朝 後醍醐天皇 中国 三年 平安時代 嵯峨天皇 十二月 延暦寺 大師 昭和 如来 明王 不動 元年 ヒンズー教 両界曼荼羅 大日如来 灌頂 寄進 西院 東大寺 羅城門 八幡宮 依り代 南大門 宣陽門 唐招提寺 西村公朝 国宝 修理 姿 不空成就如来 時代 六本 天長 後宇多上皇 六月 興福寺 火祭り 観智院 ウマー 天津神 国津神 醍醐寺 十二天 土一揆 行わ 奈良 岩橋 延暦 燈籠 毘状 宝生如来 鎌倉時代 金剛峯寺 不動尊

目次ページ

京都・教王護国寺講堂 鑑賞のガイド 一切の魔障を砕く五大尊・ 密教彫像の精華、五大明王 火祭りと不動信仰・ 教王護国寺 ( 東寺 ) の沿革史・ 教王護国寺 ( 東寺 ) の年表・ 「五大明王像」一覧・ ヘム 孑市 教王護国寺 ( 東寺 ) 伽藍復原図 ワ〕 . っ 0 LO 0 講堂内陣 8 , 、 . 1 LO Q.C 教王護国寺 ( 東寺 ) 史 五大明王目次や 4 4 : 西村公朝 : ・西川杏太郎 : ・ ・ : 岩橋政寬・

鑑賞のガイド 各部の名称と寸法 かえんこ 火焔光 天冠台 えん : よっはのお 焔髪 ( 焔のような形の髪 ) さんかん むわかざリ 胸飾 ( ネックレス ) 三鈷杵 ゆみ 臂 l( プレスレット ) 月リ しようはく 条帛 ( 窰まける ) 、てせ らた叉 かを交 を指で 指二 ( 則 降 こうさんせいん 剣」 ( 柄たけ残っている ) わんせん 腕釧 ( プレスレット ) そくせん 足釧 たいしざいてん 大自在天 ( ヒンズー教のシバ神 ) . 島 ) 梺 ( 大自在大の后 ) 岩座 こっさんせみようおう 降三世明王 像高 頭頂からあこ 顔の幅 臂の張り 台座 光背 高 317.0c 175.1 c 55 . 2 cm 高 126.3cm 142 .5cm 178.7 c 38 . 9 cm 径 60 . 0 c 幅 126.0cm 107. ()cm 203.1 c 38 . 0 cm 径 60 . 0 c 蓮肉径 32 . 0 106.0cm 141.0 c 径 60 . 0 c 37 . 8 cm 牛座高 68 . 0 cm 107. ()cm 174 . 2 c 37 . 8 cm 径 60 . 0 c 蓮肉径 30.5cm 108 .5cm ( 多面像の顔の幅は本面、多臂像の臂の張りは第二手 ) 34 . 5 cm 17.4 cm 17 . 5 cm 17 . 0 cm 18 . 0 cm 不動明王 降三世 199.0 c 軍荼利 207.7 c 大威徳 166.7 c 金剛夜叉 201.7 c ろ 4

ふみわり 足下に蓮の花を踏む ( 踏割蓮華 ) 。 〔所在地〕 〔材質〕 京都市南区九条町 1 もくぞう こうどう まき 木造 ( 槇材 ) 。彩色。 教王護国寺 ( 東寺 ) ・講堂 〔制作された時代〕 電話 075 ー 691 ー 3325 〔国宝の指定〕 平安時代 ( 承和 6 年 = 839 年 ) 〔仏像の種類について〕 「木造五大明王像 ( 講堂安置 ) 五驅」 仏像の姿はさまざまで、その種類も数え切れないは として昭和 27 年 3 月 29 日に 孑旨 . 正。 によらい 〔五大明王の名称と特徴〕 ど多いのですが、主なものを大きく分けると、如来・ ふどうみようおう ばさつみようおうてんぶ 菩薩・明王・天部の四つに区別されます。 不動明王 = 中尊。両眼をいからせ、上の歯と牙で下唇 ふんぬ を噛みしめる忿怒相。髪は右から左へなで 五大明王は明王に属します。如来の命をうけ、悪を べんばっ と つけ束ねる弁髪。右手に剣を執り、左手に 打ち破り、威をもって教化するために激しい忿怒の表 しつしつざ 羂索 ( つな ) を下げる。瑟々座に坐す。 情をして、様々な武器を持った姿で表されます。 ごうさんぜみようおう 降三世明王 = 不動明王の右前に安置。顔は四面、手は 〔拝観の案内〕 八本で左右第一手は「降三世印」を結ぶ。 ◇京都駅 ( 八条ロ ) から西へ徒歩約 15 分。 軍荼利明王 = 左前に安置。眼が三つで、八本の手を持 近鉄東寺駅から徒歩約 7 分。 だいしんいん つ。胸の前で両手を交叉する「大瞋印」 ◇拝観日年中無休 を結ぶ。各腕や足に蛇が巻きついている。 ◇拝観時間午前 9 時 ~ 午後 4 時 30 分 だいいとく 大威徳明王 = 左後方に安置。顔は六つ、手は六本。足 〔年中行事〕 も六本。水牛にまたがる。左右第一手は 修正会 1 月 3 日 印を結ぶ。 彼岸会 3 月 21 日 こんごうやしや 金剛夜叉明王 = 右後方に安置。三面六手で、正面の顔 弘法大師誕生会 6 月 15 日 しようりようえ には眼が五つある。手に五鈷杵、箭、 精霊会 8 月 12 日 剣、左手は金剛鈴、弓、羂索を持つ。 弘法さんの縁日が毎月 21 日に行われ、境内がにぎわう。 きようおう きば ぐんだり 羅城門へ東寺南門前 9 東寺西門前 ■教王護国寺境内図 蔵■ー 0 鐘 書院 御供所 蓮華門 " 勤番所 北門 灌頂院 0 5 ( ) m 毘沙門堂 0 事 坊 客 小子房 東門 大師堂 大日堂 本殿書院 穴門 鐘楼跡 宝物館連 ′ . 八幡宮跡 北大門 講堂 ( 五大明王像 ) 九条通り 南中門跡 北総門へ 金堂 食堂 夜叉神堂・ : ロ 拝観受付 0 ・ ロ 客殿 ス、 - 島・ル又 ノ・山一 観智院 ーー駐車場 . ・ . 社蔵跡 ロ 五重塔 瓢池 宝蔵 賀 洛南会館 東大門 ( 不開門 ) 東寺東門前 9 交番 消防署 七条大宮へ 近鉄東寺駅へ 大宮通り