断裁分離のクライムエッジ10

キーフレーズ

グレイ 殺人鬼 キリング ウィッチー お兄ちゃん ランド 言っ しよう グッズ 遺品 Tatsuhiko 女王様 緋鍵龍彦 殺害 断裁分離のクライムエッジ 思っ イツツ・ノットオーバー 全て 病気 大丈夫 KADOKAWA 女王 Hikagi ルールブック 人間 ちゃん びよう オリジナル お姉ちゃん コミックス 死ん 持っ 全部 原因 ちから その後 終わっ 精神世界 クライム エミリー わから ゼイヴルフア はやりやまい 友人 存在 権利 殺し 医者 死体 -1 extra わかっ ホント 消える 夢の中 見える みずか はさみ 一緒に 兄さん カンジ デート WHATCHANAME 東京都千代田区富士見 メディアファクトリー OTatsuhiko 本当 資料 自ら 殺人 解剖 解明 一人 ゴシップ わからん 2015 LIGHTNING はいむ だいじ Tatsuhik サポートセンター 凸版印刷株式会社 kadokawa ADOKAWA スマートフォン Printed http:// そんな 臆病者 起こっ

目次

緋鍵龍彦 Tatsuhiko Hikagi 〇 一ン CONTENTS 0uf53 : 「 WHATCHANAME? 」 003 0uf54 : 「狂王」 027 0uf55 : 「大罪を為すもの」 055 0uf56 : 「灰色の真実」 097 0uf57 : 「イツツ・ノットオーバー」 135 e 対「。 cut : 「針ちゃんの休日」 177

奥付

【初出】コミックアライブ 2013 年 8 月号、 2014 年 1 1 月号 ~ 1 2 月号、 2015 年 1 月号 ~ 3 月号 断裁分離のクライムエッジ 10 MF コミックスアライプシリーズ 発行 著者 発行者 編集長 発行所 編集 2015 年 3 月 31 日初版第一刷発行 緋鍵龍彦 三坂泰二 土方隆 株式会社 KADOKAWA 〒 102-8177 東京都千代田区富士見 2-13-3 年末年始を除く平日 10 : 00 ~ 1 & 00 まで 0570- 開 2- 開 1 ( カスタマーサポートセンター ) メディアファクトリー 年末年始を除く平日 10 : 開 ~ 18 : 開まで 0570- 2-301 ( 営業 ) http://mfe.jp/teq/ スマートフォンにも対応 ! お答えいただいた方全 員に、コミックスで使用 している画像の無料待 ち受けプレゼント ! ※サイトにアクセスする際や、 登録・メール送信時にかかる 通信費はこ負担ください。 ※アンケ - トにご回答いただ いた内容を第三者に開示する ことはありません。 ※一部機種では対応しており ませんのでご了承ください。 コミックスのアンケートは こちらでアクセス ! 回 ' 回 印刷・製本凸版印刷株式会社 ISBN 978-4-04-067284-7 C9979 OTatsuhiko Hikagi 2015 Printed in Japan http://www.kadokawa.co.jp/ ターまでご連絡ください。古書店で購入したものについては、お取替えできません。 ※乱丁本・落丁本は送料小社負担にてお取替えいたします。カスタマーサポートセン ※定価はカバーに表示してあります。 られておりません。 第三者に依頼して複製する行為は、たとえ個人や家庭内の利用であっても一切認め 配信は、著作権法上での例外を除き禁じられています。また、本書を代行業者などの ※本書の無断複製 ( コピー、スキャン、デジタル化等 ) 並びに無断複製物の譲渡及び

広告・パブリックドメイン

このところ、新しく見つかったグレイランドについての資料の翻訳、という触 れ込みの情報がネットに流れている。 私も偶然目にしたのでダウンロードして確認してみた。詳細は省くが、簡単に 言えば彼は殺人鬼などではない、というものだ。それどころか多くの人を救っ そのような説自体はこれまでもあったし、はっきリした目新しさというものは ないが、今回はどうも信憑性が高い・・・かもしれない。読み返すたびにその感触 が高まる。出所からしてどこかの図書館、もしくは大学のような公的機関から でばないかと囁かれている。今後これが学術的に公表され、資料の作成年代も 当時で正しいという確証が出たならば、今までにないショッキングな事実とな るだろう。 ネットでの反応は様々である。 これまでの有象無象の情報と同じだ、と断じて取リ合わないもの。いくつか面 白い部分もあリ、正式な発表と今後の精査が待たれるというもの。 そして一一一かなリの割合で一一大きな驚きをもってこの資料を読んだ、という もの。驚きの幅こそ人それぞれであるが、この資料には希代の殺人鬼に興味を 持つ、少なくない数の人々を説得するに足る何かがあったらしい。 私の周りにもグレイランドを論ずる人々は数名いる。彼らもおおむね、これは 興味深いものだと判断したようだった。 その中で、特に大きな反応をした友人がいる。彼はショックを隠せない様子で 私に語ってくれた。後日、改めて気持ちを整理したメールをいただいたので、 以下に許可を得て引用する。 「頭をぶん殴られたような思いです。正直、大きな喪失感があリます。 私たちは普段、日々の生活に追われ、世間というものに雁字搦めにされていま す。故に、そのようなものから逸脱したアウトロー的存在や行為に、良くない と知リつつもわずかな興奮を覚えてしまう。グレイランドは長い年月を経てそ の猟奇性が薄れたこともあリ、その中でも特に英雄だったと言えるでしよう。 そんな異端者の英雄が、実はただの虚構だったとしたら。彼もごく普通の人間 で、私や貴方のように、反社会的な嗜好など持たず善良で良識のある存在たっ たとしたら。失望する人はいるでしよう。かくいう私もそうです。 いえ、私だけの問題ではあリません。彼という存在は大きくなリすぎました。 多くの創作に直接的間接的に役割を果たし、たくさんの作家にインスピレーシ ョンを与えました。その万倍の読者に思索の機会を与えました。彼に関係した 仕事で金銭を得ていた人間たちには、飯の種を潰されたという思いもあるでし よう。多種多様な人々が、彼に影響を受けている。それが覆されたら。喪われ ・・・皆は一体、そこに何を感じるのでしよう ? 」 くく雑記に戻る